自動契約機 利用前 知っておくべきこと

自動契約機の利用前に知っておくべきこと

絶対に借りれる消費者金融に関して希望が持てそうな情報が入手できたら、いよいよ申し込み手続きに入ることでしょう。
近年ではインターネットが普及して便利になっていますので、WEB完結できる金融機関が増えていますし、その他自動契約機や無人契約機、電話、郵送などから選ぶことができます。

 

最もスピーディで即日融資がしやすいのは、ネットと自動契約機を利用する方法です。
まずインターネットの公式サイトから申し込み手続きを済ませておき、コンビニなどの提携するATMで借り入れや返済に使えるカードを発行してもらうために自動契約機や無人契約機に行って契約まで完了させます。
契約まで終わればその場でカードが発行されますので、帰りに自動契約機にあるATMやコンビニATMで借り入れをすれば現金が手に入ります。

 

自動契約機や無人契約機は銀行内に設置されているものや駅構内、街角などにあるのをよく目にしますよね。
しかし、いざ自分が利用するということになるまで、あまり意識して見ていないものです。

 

誰が利用しているかなど外から見えないので、あまり混雑しているイメージがないのではないでしょうか。
時間帯や曜日、設置場所などにもよるでしょうが、実際に行ってみるとすでに他の人が利用していて待たされることがあるようです。

 

消費者金融の人も含めて他のお客さんも誰もいないことから、人目を気にせずに融資が受けられるところが気楽でいいのですが、中で順番待ちをするスペースがありません。
外で列を作って待つわけにもいかないとなると、周辺で時間をつぶしてまた行ってみるなど何度かすることもあります。

 

駅構内や駅前などの自動契約機は、会社員の方が通勤途中に利用しやすい時間帯などはできるだけ避けた方がいいかもしれません。
自動契約機は機器によっても営業時間が微妙に違うのですが、基本的に平日も遅くまで営業していたり、土日祝日も申し込み受け付けを行っています。
営業時間や曜日を確認してから、余裕を持って手続きに行かれることをおすすめします。

 

消費者金融によっては、即日審査が行われて当日に融資を受けられるところもありますが、審査は当日でも融資は翌営業日になるところもあります。
いつお金が必要なのかを踏まえた上で、早い方がいい場合は対応がスピーディな消費者金融を選ぶようにしてください。

 

申し込みには運転免許証やパスポート、健康保険証といった本人確認書類の提示が必要です。
しかし、希望する利用限度額が50万円以上や、他社ですでに借り入れをしていて合計額が100万円を超えるケースは、本人確認書類の他に収入証明書類も必要になるところが多くあります。

 

収入証明書は源泉徴収票などなので、自動契約機に行く前に用意していけば、取りに行くために手続きを中断しなければいけないことを防げます。
必要な書類に関しては、各消費者金融の公式ホームページで確認できます。
必ずチェックしてから、準備万端の状態で手続きに行きましょう。