絶対借りるためにすること

絶対借りるためにすることは?

大手消費者金融で絶対借りれる条件は、個人信用情報機関と個人情報に問題がないことです。
審査の際の問題とは、金融事故のことを指します。
金融事故は、正式には異動情報と言います。
大手消費者金融では、この異動情報が一つでもあると審査落ちになります。

 

中堅・中小消費者金融、街金では、この金融事故があっても審査通過の可能性はあります。
同時に審査に通るため必要なことは、総量規制の限度に余裕があることと、収入があることが必要です。
これは独自審査をするためで、事故情報があっても返済能力がある方については、キャッシングができるのです。

 

中小消費者金融の金融事故は間接的な原因になる

要するに、中小消費者金融の審査でポイントになるのは、収入と総量規制ということになります。
大手消費者金融では、金融事故の有無を重視しますから、審査基準の観点が全くちがうのです。
方法もスコアリングシステムが中心の大手消費者金融に対して、中小消費者金融は、ひと目でデータを確認し、街金などでは対面審査で最終的な判断をします。
ブラックでも審査を続ける中小消費者金融では、こうした大手との違いから、債務整理経験者でも借りれるのです。
ですから、問題としては、返済能力であり、審査ハードルを下げて申込者を受け入れるのです。

 

中小消費者金融は少額融資が中心

中小消費者金融は大口融資は対応していないことはありません。
しかし、それは初回のみの話です。
ブラックリストでの申し込みでいきなり多額のキャッシングをするほど。中小消費者金融も冒険はしないということです。
ですが、審査通過後、完済記録を作ることで、信用ができ、限度額が上がります。
ですから、最初の申し込みでは小口融資が対象になってしまいますが、完済をすることで、総量規制限度内のキャッシングができるようになります。

 

絶対はない

ですから、中小消費者金融の申し込みの時に、返済能力がないと審査落ちです。
よく電話を何度も審査をしていたのに、1週間以上かかって審査落ちの回答をもらうこともあります。
融資実行率が高いのは、過去の事故歴を重視しないからです。
しかし、これから借りようと言うとき、実は返すお金は少ないということであれば、中小消費者金融の審査落ちになってしまうのです。
ですから、確実に中小消費者金融の審査に通りたいときには、返済能力を上げるため、収入の安定が不可欠です。
また、延滞そのものは審査落ちの原因です。
今借りたいお金が他社の支払いのためというのではあれば、なお審査は通らない。
多重債務の最悪の自転車操業的な悪循環です。
こうなった状態も個人信用情報機関では確認ができ、審査落ちになります。
この時は、しっかりと信用情報が最確認されることになります。